リースのデメリットってあるの?

リースのデメリットってあるの?

複合機をリースすることのメリットはご存知のことと思います。

利用するにあたって、そのデメリットがあれば知っておきたいものですよね。

リースの場合、契約が5~6年ありますので、その契約の間料金を支払わなければいけません。

ただ、リース料金以外にもカウンター料金、紙代、トナー代、メンテナンス代などかかってくる場合があります。

その料金を契約期間の間支払い続けなければいけないので、最終的な支払は購入するより大きくなる場合が多いです。

しかも、複合機をリース会社から借りていることになるので、大きな代金を支払ったからといって、最終的に自分達のものになるわけではありません。

契約が終われば返却しなければならないからです。

ただ、料金に関しては、会社によってお得なプランをだしているところもあります。

カウンター料金がいらないところや、トナー代が無料のところがありました。

月々どれくらいの支払いになるかというのは見積もりを出してもらうことができるので、気になる会社を複数見つけて、比較してみましょう。

その方が分かりやすいと思います。

リース期間に機種交換できる?

複合機をリースで使用していて、途中で使っている機械を交換したくなることもあるかもしれないですよね。

使えると思っていた機能が付いていなかったとか、もっと性能の良い複合機にしたいとか、機械というのは使ってみると使い勝手が分かってくるので、実際に使用してみると、自分達の希望というのが出てくると思います。

もし、途中で別の機械に交換できたらという思いがでてきたときに、可能かどうか調べてみました。

リース期間中の機種交換は、大部分の会社が交換可能ということでした。

しかし、無料でそのまま交換してくれるというところはほぼありませんでした。

一度、今契約しているものを解約し、新たにリース契約を組み直すというもので、価格がその分上乗せされるようでした。

複合機のリースに関する専門サイト

残っている料金が上乗せされるところが多かったので、月々の負担が少し増えることになると思います。

なかには、安くなる場合もあるそうなので、もしそうなったら嬉しいですね。

一度リース会社に相談してみるのが良いと思います。